上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペダルのあるなしで 弾き比べてみました

●ペダルなし→ 

●ペダルあり(早く離す)→ 

●ペダルあり(小節の頭で踏みかえる)→ 

いきなりペダルを使って練習をし
最終的にうまくまとまればいいんですが

そうはうまくいきません
ので
原点に立ち返り原因究明を行います。

課題となるのは【ワルツ7】中でメインとなる【Piu mossso】の部分です。

(piu mosso~今までより速く)←ただのテンポの指示ですけど。特に表現に対する指示はございません。やみくもに速くしてもどうかな~なんて。前半がゆったりした雰囲気ならそれに合わせたバランスを考えてテンポを決めたいと思います。
gakufu.jpg

最初はmfの指示でその後ppになります。しかしこの違いを強調した(表現した)演奏はあまり聞きませんね~
この違いって大きいと思いますけど。mpならまだしもppですから。
まぁ自身のできるできないは別にしてこういう点も考察ポイントです。

前回の音源UPの反省では指が回っていませんでした(音抜け・音なし)

その対策を考えたすえぇ~

【ペダルなし&ゆっくり】で練習しようと

すると新たな発見!

●【しっかり音を叩き出す】という意識が生まれます
●【自分の音をもっと聞く】という意識が強まります。

今までは~なにげなく弾けたような~錯覚だったのかもしれません。

しばらくペダルなしで弾きこみ弾きこみ・・・とやってみます。

最後に写真がなくて寂しいので。全く関係ないですけど
スタジオへ自転車で行く途中に撮った一枚の写真
07-01-28_14-161.jpg


平地から見るとよくある池と雑木林の様ですが

上から見ると

こんな形してます。
こちら←クリック
古墳です
第11代 垂仁(すいにん)天皇陵。
この地図のサイト。家の形まだ映し出されてますね。お住まいの地域を探してみてください。
Secret

TrackBackURL
→http://tad819.blog56.fc2.com/tb.php/79-ab718503
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。