上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070105155555.jpg


【一日目・1/2】  奈良→豊橋→博多

博多へは夜行列車を利用しました(ムーンライト九州・臨時列車)

2007_01_02.jpg

 
【二日目・1/3】  博多→柳井港→松山→奈良

柳井港ではJRとフェリーの接続がわずか10分ということでどうなるかと心配していましたが乗り場はびっくりするぐらい目と鼻の先でした(200mぐらい)

2007_01_03.jpg


なんだか・・写真が多くて煩雑なイメージですかね。申し訳ございません。
でも、この駅にある行き先と時間が表示される電光掲示板を見るのが好きなんです。なんとなく風情があると思えるのはわたくしだけでしょうか。あぁ、こんな遠くまでこの電車は行くんだ・・・と。始まりと終わりの演出があるような気がします。

2007_01_03A.jpg


博多には甥と姪がおりますが小学一年生の姪はピアノ習っております。
そしてなんと、アップライトが存在しておりました。

このアップライトピアノ
ピアノの先生からのおさがりだそうで
とても素晴らしいピアノでした。
低音から高音までまんべんなくよく響くピアノでした。
今まで十分に弾き込んでこられたピアノはやはり程度が良いのだと思います。
さすが先生。ありがとう先生!おじちゃんも感謝感激~でございます。

そんなピアノでちゃっかり録音(笑)まずは小1姪から~続きましてわたくし~ちょこっとだけ→http://www.box.net/shared/cbkc9o0vct
最後は、
松山でこーじさんとのらこさんとの会合。とても楽しい夜でした。

2007_01_03matuyama.jpg


こーじさんは港まで迎えに来ていただきました。そしてレトロな雰囲気満載の伊予鉄に乗りまして松山市へと繰り出しました。でっかいえびフライを食します。あとハンバーグも(笑)

途中
2007_01_07matuyama2.jpg


夜の街をそぞろ歩くふたり。前にこーじさん。

そしてピアノBARへと向かうのでありました。

期待のピアノBAR、酒好。
とても落ち着いた雰囲気で最高でした。
グラスに浮かぶ大きな氷の塊がグラスと触れ合う音が耳に心地よく響く。さらに奥にはグランドピアノが白熱灯の光に照らされて輝かしい。

こんなおっしゃれ~~な雰囲気でピアノが弾けたらええやんかさ~

はい、弾かせて頂きました。数曲。堪能させていただきました。そして僕が弾いている途中でのらこさん登場。カランコロン~♪(ドアを開けると鳴る音)
さておき
なんとも手強いピアノでした。
しっかりと打鍵しないと響いてくれない
それに照明がいつもと違って戸惑う(当たり前ですけど)
う~ん・・・うまく弾けなかった無念さが若干残る。
次回は必ずやパワーアップして弾きこなしてやるぞ~という気持ち。

こーじさんは思った通り繊細な指の運びで素晴らしかった。表現がちゃんと伝わってくる演奏でした。お見事。
のらこさんは数日前のピアノの会よりも上出来だったらしい「銀波」聴かせていただきました。あと「幻想交響曲」も。こんな長い曲をほとんど暗譜しているというのはやはりすごいなと。やっぱり積み重ねきたものが違うなと感心。さすが。

どうもどうも、皆さんにお会いできてよかった。
無事に旅行を終えることができてよかった。

締めは一言「ありがとう」でございます。

あぁ、言い忘れてました。こーじさんに夜行列車の中で飲んでくださいということでお酒、お土産に頂きました。のらこさんはJR松山駅まで車で送っていただきました。ありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしております。

Secret

TrackBackURL
→http://tad819.blog56.fc2.com/tb.php/72-33e5179b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。