上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼楽譜を改めてじっくり眺めてみました。クリック拡大可

@@楽譜

※基本的なことをもう一度。

■変ロ短調(青色の部分)B♭m
 ↓移調します
■変ニ長調(オレンジの部分)D♭
 ↓再び移調して
■変ロ短調(青色の部分)B♭m

s-音階


一番上の写真で、線で区切ってあるのは自分なりのフレーズの区切り。区切りの箇所からパッと即座に演奏出来るように練習します。これは言うなれば、

【真っ白になった時の回復ポイント】 でもあります←これ重要

今やってることは

●左手のみで演奏する。
●右手のみで演奏する。

その時にベースの音と和音のパターンを確認しながら行います。

さらに
●左手のみで演奏してメロを【歌う】

もひとつ
●超ゆっくりで左手のみで弾く
●超ゆっくりで右手のみで弾く
●超ゆっくりで両手で弾く

超ゆっくりで弾くと手だけで覚えて弾けていた感覚は遮断されて、おのずと頭で弾く思考回路となります。
これはちゃんと楽譜を頭の中に記憶しておかないと弾けません。

手(指)の感覚だけを頼りに弾くなんてのは【危険大】です。ましてや舞台で
大人から開始の人は楽譜を見ながら弾けない人が多いですが(自分もそうですが)指の感覚だけで覚えてしまうと一旦止まると再開出来ないことになちゃいます。

なのでもう一度楽譜を見つめ直して、、、備えます。
Secret

TrackBackURL
→http://tad819.blog56.fc2.com/tb.php/347-e2c7a43c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。