上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@IMG_0806.jpg
本日はこのピアノ弾いてきました。
大阪のとあるスタジオ。すっごい、、めっちゃ程度のいいピアノだと思います。特に低音域の圧倒的な音の厚みはフルコンならではのもの。つ~んと頭脳に刺さるような感覚がたまらなく快感です(上手く表現できませんが)
プログラム
こんな会ができましたよ。関西ショパニストの会。
@img048.jpg

事前に演奏曲をエントリーします(ショパンの曲のみ)プログラムも作ってくれて&司会もつけてくれて順番に弾きます(緊張感ばりばり)でもほとんどが顔見知りなので雰囲気は楽しくといった感じ。(名前は伏せときます。無難)
@IMG_0809.jpg
いや~
めっちゃ楽しい時間でした。皆さんレベル高いし。聴いてるだけでもうお腹いっぱい満足でした。
ピィティナの本選決勝へ行った方の演奏も聴けましたし(うっとり)

今回思いました。ピアノの音の出し方?人それぞれで個性があります。美しい音は美しい(当たり前の話ですが・笑)
改めてピアノは繊細な音や力強い音などのいろんな音の表情をコントロールすることが出来る楽器なんだと思いました。それが出来ると音楽の幅が広がって感動的な演奏につながる気がします。

追記、
あと、弾いてらっしゃる顔の表情がよくて演奏と一体になっていると感動的でさらに印象に残りますね(発見)

いつもお世話になってばかりで恐縮です。ありがとうございます。と思っていたら、、ついにある会の世話役を命ぜられました。頑張ってやらないと。今回の楽しい会も忙しい中動いてくださった方がいらっしゃる訳で感謝しつつ自分も動かないといけないぞと思うのでありました。
Secret

TrackBackURL
→http://tad819.blog56.fc2.com/tb.php/192-719d0b33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。