上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060326210847.jpg

今練習している「戦場のメリークリスマス」のピアノ曲が入ったCDを借りてきました。
楽譜どおりに演奏されていて大変参考になります。
それにしてもこの曲は発表から23年も経っているのに古さを感じません。名曲ですね。
そこでこのCDを聴いて感じたことがあります。
このCDの音源は新たに録音されたものらしいのですが初期の頃の坂本龍一本人の演奏とは少し違うような気がしました。特に冒頭の部分。もっともっと柔らかく自由になってます。
間違いなく言えることはこの曲は進化し続けてきたということです。
本人の演奏するライブ映像を探し集めて聴きましたがどれとして同じアレンジはありません。どれが本当なの?って言いたくなるぐらいです。
画一的なものをつくらない、それが坂本龍一の意図するところなのかもしれません。
自分としてはシンプルなアレンジの「戦場のメリークリスマス」が好きです。
音符をたくさん並べて難易度を上げたアレンジが“良い”とは限らないと思います。
今やろうとしている楽譜はシンプルです。これでいきます!!


Secret

TrackBackURL
→http://tad819.blog56.fc2.com/tb.php/18-8798862f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。