上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自治体が主催の『ホールのピアノをどうぞ弾いてくださいな』みたいな企画に参加してきました。

1時間のみでしたけど貴重な体験をさせてもらいました。

ピアノはこれ

@07-07-01_12-161.jpg


スタインウェイの長いの(フルコン)

@07-07-01_11-54k.jpg


fishnutsクンと一緒に行きました

@@.jpg


写真を見て感じる、、野郎とピアノは華がないな~~笑

@07-07-01_12-18.jpg


やっぱり録音&録画してきましたよ



『花の歌/ランゲ』 mp3もあります→


ホールでピアノを弾いて感じたこと。

☆高音域が直接耳に届いてこないので「あれっ」と思った。
低音~中音域は目の前の弦から直接耳に届くが高音域はホール全体からの反射した音を聞くことになる

☆高音域が聞こえないからといって強く弾いてしまいがちになるが意外と客席には音が届いている。

☆しかし旋律をしっかり出さないとぼやけた演奏になる。

☆音がすごく響くのであいまいなペダルは禁物

☆左手(伴奏)の音が大きくなりさらに音が濁って旋律がぼやけるという現象が起こりやすい。

※いつものことだが(笑)思い通りの演奏は出来なかった(白とび・ミスタッチ多数)出来ないものだと開き直ればまた進歩するのだろうか。
こんなもんでいいやというサラッとした気持ちも必要か、

そう、ピアノで大事なことは優雅に楽しくサラリと軽やかに~

必死な様子で弾く演奏は悪。伝わらないし面白くない。過去に読んだ本に書いてあったな~

最後に
戦メリもあります。



fishnutsクンの演奏はこちらにあります
Secret

TrackBackURL
→http://tad819.blog56.fc2.com/tb.php/112-34b5bc27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。