上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.07 至福の時
@07-06-03_00-212.jpg
先週の日曜日はdyneさん邸宅にお邪魔しました。

夜行バスを利用。
【大阪駅24時30分発】→【新宿8時30分到着】というちょっと前までは考えれらなかった便ですね。最近ではこういった格安ツアーバスが 流行っています(\4200)

@07-06-03_08-22.jpg

お昼頃まで時間があったので新宿や秋葉原をぶらぶらとしました。






さて都心から40分ほど電車に乗って駅で待ち合わせの予定です。
すでにruvhanaさんと小夏さんは一本前の電車で到着されていてお待たせさせてしまいました。>すいませんでした。

dyneさんは目印になるだろうと親切にチェルニーの楽譜を小脇に抱えて待っておられましたよ。(結果的に駅前広場にはdyneさんだけでしたからすぐに落ち合うことはできましたけど・笑)

皆さんとは初対面でしたが不思議と緊張しないもので前からの友達のよう。
やっと会えた~という喜びが溢れます。

玄関

車で送っていただいて到着です。

あぁこれがブログで紹介されてきた輸入住宅『ミルクリーク』だなと眺めます。立派なお家だ~~最初の印象として壁のレンガの色がほどよく青みがかっていていい色だと感じました。



カーテン  バラの花

こういったカーテンのチョイスやバラの花を置いたりとセンスが光ります。

~~♪~~まだまだ続きますよ~~♪~~

お砂糖ですよ  ケーキと炭酸水


手作りのバナナケーキとチーズケーキさらに冷たいアイスクリームのお皿を出していただきました。飲み物は炭酸水にレモン水を加えるという甘くないものです。しっとりとしたケーキはさすが手作りのなせる技でしょうか。たいへんおいしかったです。

ピアノを演奏しているのは小夏さん

さてさてピアノの話題ですがこんな感じででんとお部屋にグランドピアノがあります。

僕は弾ける曲を思う存分弾かせていただきました。

☆ワルツ7番
☆戦メリ
☆エリーゼのために
☆花の歌
☆別れの曲
☆ノクターン2番
☆k545を半分

ここ数ヶ月は増えてませんね。もっと増やしたいとろこです。次の候補はまだ未定。挑戦したい曲としてはテンペスト3楽章なんですが出来るかどうかまだ自信がありません。

この中で前回の記事のとおり近々に『別れの曲』を発表しますので本番のつもりで演奏⇒録音してみました。



 ♪『小夏さん演奏、Op.118-2/ブラームス』
あぁいいピアノだなと感じる。弦の響きが快感!こればっかりは電子ピアノでは体感できません。


@P6030089.jpg


自分も弾きつつ皆さんの演奏も聴きつつ、そしておしゃべりしつつ


そうこうしているうちに時間も忘れてディナーの時間となりました。
後になって気づきましたがこの間奥さんは着々と料理の準備を進めておられていてお忙しかった事だと思います。恐縮です。6人分ですからそれは大変です。そして僕達を退屈させることなくさっと料理が出てきました。脱帽です。

そしてそのお料理がこちら どん!


ディナー
  20070608084715.jpg


メインはカレー、ジャガイモがでっかくて印象的でした。あと揚げ物の春巻き(手作り)もあったり、トマト味のスープがあったりと手が込んでます。大変おいしかったです。ごちそうさま。

食後はまだ弾ける時間があったのでピアノタイム

dyneさんのピアノの先生であるakkoさんの演奏をうっとりと聴く。至福の時
akko先生


リストのため息、ショパンのバラード4番などを聴かせていただきました。(あと一曲の曲名が分からず、スイマセン。改めてお聞きします)

あぁ、そろそろバスの時間もありますのでお開きの時間となります。

>dyneご夫婦
今回はお招きいただいてありがとうございました。素晴らしいおもてなしもありがとうございました。これからもピアノライフを共に楽しんでいけたら幸せです。頑張りましょう。
>akko先生
素晴らしい演奏聴かせていただいてありがとうございました。ワルツ7番のペダルについて教えてもらったり音の取り違えも言っていただいたりで感謝してます。さすがプロは分かっちゃうんですね(敬服)次回お会いする時にはパワーアップした自分の演奏を聴いてもらいたいという意欲もいただきました。頑張っちゃいます。
>ruvhanaさん
華やかな印象のラブハナさん。ピアノに対してはまっすぐに取り組んでらっしゃるようにお見受けしました。もう一度聴いてみたいなと思いましたよ。どこかのオフ会にでも今後お会いできることでしょう。楽しみにしてます。呼んでくださいね。
>小夏さん
意外と早くお会いできましたね。予定が決まったのが直近だったのでそんな気がします。イメージとしてはキャリアウーマン風のキリッとした感じかなと勝手に思ってましたがそうでもなく(笑)ほんわかと優しいお母さんのイメージ。そっちの方が断然よかったです。演奏もしっとりとした大人の演奏でした。味のあるブラームスでした。繰り返し聴くとじわーっと。。(録音ファイルありますので送ります)

そして、、

東京駅22時40分発の大阪駅行の夜行バスに乗る。これまた格安(\3920)

今度はどこのピアノ弾きさんを訪ねて旅しようか、、
ピアノとともにつづく、


Secret

TrackBackURL
→http://tad819.blog56.fc2.com/tb.php/107-9ada654a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。