上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりにクラシックのレパ曲が増えた~やった~~

【Grieg /Nocturne Op. 54, No. 4】





意外とすんなりいけますこの曲。エリーゼのためによりちょっと難しいぐらいでショパンのノクターン2番よりかは簡単といったところでしょうか。ハ長調ですし。
楽譜はここでダウンロードできます。
http://imslp.org/wiki/Image:Grieg_-_Lyric_Pieces%2C_Op_54.pdf
スポンサーサイト
今はこの曲を夢中になってやってます。ノクターン Op.54-4 グリーグ
前回の続きを少し。あともう少しで終わりだぅぃっしゅ



グリーグについて覚え書き。

・ノルウェーの作曲家
・ショパンが没したぐらいに生誕。ショパンの影響を受けている
・同じ時代の作曲家にチャイコフスキー、ブラームス、リストなど
・代表作はピアノ協奏曲イ短調
・他に抒情小曲集、ホルベルク組曲
・抒情小曲集はゼン10巻66曲からなる
・このノクターンは第5集第4曲

2009年3月21日(土)、22日(日)に<第15回ピアノリレーコンサート ホールでスタインウェイを弾こう!!>
が開催されます。
前回に引き続き2回目の参加を予定しております。

ここのピアノリレーコンサート、他とはちょっと違うなと。この一年にいくつかのピアノリレコンに参加して思います。
若干のハードルを設けることで質のいいコンサートになっていると思います。
制限としては、

①小学4年生以上
②参加費3000円
③暗譜演奏

①は個人経営のピアノの先生がこのコンサートを教室の発表会代わりにしようとする魂胆を阻止します。
②は自治体系主催のこの手のコンサートにしては破格。500円~1000円が一般的。
③、これが実は一番ハードルが高いかもしれません。これがあることによってお気軽さは一掃されて出演者の真剣さは増すことでしょう。

あと1人1曲12分の演奏時間まで許されるのが太っ腹。これで大曲を持ってくる上級者が参加します(たいていは5分以内が多く流れ作業的な雰囲気となる)

まあ大人向けと言えます。さあ大人のピアノ弾きさん。是非ご一緒しましょう。

ということで

まだまだ本番は先ですが申し込みはもうすぐということでエントリー曲を決めました(とりあえずの押さえ)



自己評価→硬いな~もっと動きが(うねり)がほしい。これからもっと詰めてみます。

とりあえずこれ↑譜読み出来たってことでまた新たにこれ始めました。

グリーグのノクターン。。北欧のショパンだそうで。いいわこれ。詳細は次回にします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。