上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪に「アヴェンヌ」というピアノサロンがございまして、プロの演奏家の音楽を聴きながら食事も出来て楽しめる、そんなお店があります。

ライブハウスのクラシック版とも言えます。

そこで開かれる「お客様出演日」というイベントに昨日は(初)参加してきました。

普段は弾けないピアノを弾かせてもらえるチャンスであります。(ここにあるベーゼンドルファーのピアノは惚れ惚れする素晴らしい音がします)
どんな高級なスピーカーで聴く音よりいいのは当たり前(やっぱり生)さらに置かれている空間とベストマッチングしているので最高です。
ピアノはちょっとこじんまりした空間で3メートルぐらいの距離を置いて聴くのが一番いいと感じますが。
あんまり大きなホールでは音が響きすぎてピアノのいいところがスポイルされてしまう気がします。

そんな最高のピアノと空間で弾けるんです。ええ。

そこは、、『SALON D'AVENE 』さろ~んどあっう゛ぇ~んぬ   

詳しくはこちら→HP

進行はまず弾きたい曲を紙に書いてエントリー。順番は知らされず。突然次はあなたですと来ます。
で皆さんの前で演奏となります。雑談も若干ありでそんなに堅苦しくもないといった感じ。いや、でも流れは格式高い発表会の雰囲気を保ちつつ進行してくれます。人前で演奏したい方はいい機会だと思いますよ。

このイベントは月に一回のペースで開催されるようです。皆さんも是非お試しください。次回は8/23(土)要予約。料金はオードブル付で3,500円。ワンドリンク必要なので最低でも4,000円ですな。



さて、自身の演奏は、、(ここからは言い訳モード)

飲みすぎてぼろぼろでした。(やっぱこの時期はビールがうまい!)(白ワインも冷えててうまい!!)(ウィスキー水割りも飲みやすくてうまい!!!)

演奏した曲は「Prisoner Of Love」utada hikaru

こんな曲→http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&song_id=207740

一週間前ぐらいから始めて当日の朝に音が全部取れてなんとか最後まで弾けるかな~という段階でトライしてしまいました。すんごい無謀でした。

出来上がったらまたどこかで弾きますので聞いてください。メロが切なくていいです。


スポンサーサイト
2008.07.13 ジョイピ2008
おつでした。
画像 026


すごくいいイベントでスタッフの人達のきめ細やかな心配りが随所に見受けられました。お世話になりました。ありがとうございます。

ホールに出向いてピアノを弾かせてもらう、、ただそれだけのことです。応募もメールでOK。うまい演奏をしなくちゃならないこともなし。
それで立派なホールでスタインウェイのピアノを弾くことが出来る。
いいんじゃない~のでしょうか、、

しかし、やっぱり大人の<男性のピアノ弾きはおりませんな。僕ぐらいです。とびきり上手な人なら出演していそうだけどそれもなし。

おっちゃんピアニスト出てきなさい(叫)

ちょっと浮き気味で、、
舞台袖では小2の女の子の隣に座って待機していたのでした。
(あんな暗い場所でお母さんと離れた状態で20分以上もじっと待っていた小2の女の子。心細そうにしていたけど頑張って演奏したのは偉かったな~)



演奏は、、「止まってしもたやんけ」 まあいっか。
あっ、最初に「礼」するの忘れた!
2008.07.12 本番ですよ。
@チラシ1


本日(土曜日)このイベントに参加します。

「ジョイフル・ピアノ・フェスタ2008」

お近くの方はどうぞいらしてください。

完全!入場無料でございます。プロのピアニスト↑の演奏が拝聴出来ます。(1曲のみらしいですが)

アクセス→

↓プログラムですが自分は第2部の~スタインウェイでポピュラー~というコーナーで戦メリ弾きますねん(名前の部分は消しました)100組以上の応募があって抽選&選考の結果50組に絞ったらしい(結構人気)
@チラシ2


>曲目を見て、クラシックばかりでなくて正直ホッとした。教室の発表会みたいな堅苦しい雰囲気ではなさそう。これが一般的なアマチュアピアニストの選曲だと思いたい。

追記ですが、
ホールで弾くピアノの音のイメージ。この動画の録音がぴったり的を得ています。ガッテン!
自分がホールでピアノを演奏してどういう音を出すかというイメージを抱く作業はとても大事だと思います。
客席までにはどう聞こえるか、、意外と届いているものでフォルテだからといって力まかせに弾かないほうがいい。フォルテは瞬発力で勝負したいところ。べったり押さえつける音の作りはNO。あと、少しゆっくりかなと思えるぐらいのテンポでちょうどいい(たいてい焦って速くなる)落ち着くのだ。あとあと、音の濁りはかなりポイントダウン。弾き直しはさらにダウン(ミスタッチのほうがまだまし)
自分の時間をしっかりと楽しんでこよっと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。