上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
@@08-04-27_14-46.jpg
今日はまいたさんという方のピアノリサイタルへ行ってきました。

この方、音大出のプロでもなし、専門家でもなし、OLさんなのですが15年のブランクから2年前にピアノを再開してソロリサイタルを開いてしまうという行動力溢れる人(女)です。

結果、お客さんはたくさん入って大成功でした。

すごいですね、この姿勢。

<結果を恐れて立ち止まるよりも行動を起こして前へ進む>

頭で考えることは容易ですが現実にやってのけた彼女は素晴らしいです。それに演奏のレベルは高かった。拍手です。

人間の価値を計る尺度はいろいろあると思いますが

<どれだけ人生を楽しめたか>言い換えれば<どれだけ自己実現できたか>

そんな尺度も大いにありだと思います。

<今できることを今やる>←難しい(笑)

(´・ω・`)ノ*******************************
@13272573_4135699503@.jpg


このリサイタルの前にお仲間で練習会を開催しました。今回は初の幹事ということで張り切りましたw

無事に終わってよかったです。

@08-04-27_12-32@.jpg
スポンサーサイト
@2008_04_13.jpg


へっぽこの演奏会でした。

総勢17名の参加。男性10名、女性7名。なんと男性の方が多いのであります。珍しいかと。

進行はいつもながらの発表会形式で一人ずつくじで決めた順番で弾いていきます。会の空気は緊張感ありありなんですよ。でもこの緊張感がこの会の醍醐味であり終わったあとの充足感や達成感を感じることが出来てじんわりといいんです。

「弾ききる!」 これは意外と重要なテーマだと思います。なかなか練習では通して弾かないものです。誰かが言ってました。「なんとしても止まるな、止まったら負けだ」と。

ピアノ演奏は孤独な戦いでもあります。

今度へっぽこの会で発表会あります。それに向けても頑張ります。

@img033a@.jpg

ここはスラーがかかっていますがペダルを踏んで切るようです。

ちなみに今日の録音ではこの部分。ペダル踏みっぱなしです。今度やってみよう。

http://db1.voiceblog.jp/data/tadashi819/1207315040.mp3

このトリルをもっとかっこく弾くにはどうしたらいいものか。
op48.no1。譜読みは続いております。この時期が一番楽しいし、集中するし、いっぱい練習するみたいです。

この部分↓つまみ出してやってみる。ここが一番グッとくるね~
おぉ~ショパンだよ~~

赤かっこの部分が難しい。オクターブの跳躍で手の移動距離が大きいと成功率は低くなる。

@img033a.jpg

@@img034b.jpg


以下は自己分析ですよ。
オクターブの移動。ここで構えちゃいけない。フォルテ2つだからといってがちがち手に力が入ってはダメ。今の段階ではゆっくりでしっかり音を鳴らそう。アクセントでは瞬発力が大事。がつがつ弾くのではない。

そんなこんなの録音。

聞いてみて、、違うな~。大いに修正ありだ。どこ直します?聞いてみた。

http://db1.voiceblog.jp/data/tadashi819/1245974100.mp3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。