上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと前の話ですが

自転車で京都まで行ってきました。往復で100kmほどでしょうか(これから出てくる数字はもっぱら自慢です。おもしろくないですよね笑)

Img_0947.jpg


途中でこんな数字でました。


20070224074258.jpg


累積の総走行距離が 7、777kmとなりました。

このメーターを取り付けたのが2004年の8月ですから2年と7ヶ月でこれだけ走ったのです。

自転車大好きです。

運動にもなるし。渋滞のストレスもありません。

春になるとたくさん主没しますよ~

ドライバーさん、ちょいとお邪魔しますがお互いご安全に走行しましょう。

写真は四国のお遍路をした時の写真。この自転車で周りました。

20070224074222.jpg


最後にリンクに朋美さんのHPを追加しました。

センスある演奏されます。こちらも音源。動画たくさん派です。
スポンサーサイト
先日の名古屋での練習会の音源をUPします。
代表していしちゃんの

ベートーベンソナタ23番『熱情』        

s-07-02-18_13-36.jpg

ダイナミックでかつ繊細さもある素晴らしい演奏。
ベートーベンソナタの魅力満載です。

おふたりの演奏と自分の録音ファイルを聞き比べて決定的な違いにハッと気付き愕然としました。
それは、

自分の演奏には音にしっかり感がありません。だらだらとしたしまりのない演奏。ダイナミックレンジが小さい(音量の大小の差)のです。
つまり、打鍵できていないことに気付きました。

なよなよ感~~~やですね~~今回は恥ずかしくて音源UPなし!

そうなんです~やっと気付きました。そして思いました。

ピアノはもっと弾いていいんだと。しっかり弾くものだと。

荒っぽくなるのを恐れていた面が強く鍵盤をなぞるような弾き方をしていました。優しいタッチはしっかりした打鍵という土台があってからこそできるのであってそれができないままの見よう見まねの状態ではスケールの小さい演奏にとどまってしまう。

これがピアノの基礎ってやつですか?聞いちゃったりして(笑

おふたりの演奏をじかに聞いて考えさせられました。やはり間近で見て聞かさせてもらうと大いに勉強になります。いい経験しましたよ~(感慨深げ)わたくしも古典を取り組んでみようかと、どんな曲がいいですかね。今回の練習会で得た収穫。めちゃ大大でした。後になってじわじわ


あと電子ピアノでの練習について思います。
電子ピアノは鍵盤をなぞるようにしても音が出ちゃいます。

打鍵するダウンスピードが遅くても電子的接点に触れれば音は鳴りますしかし

ピアノはなよっと鍵盤を押し込むだけでは音は鳴ってくれません。瞬発力(スピード)がないと音は出ません。つまり叩くイメージが必要なのです。

その大きな違い。電子ピアノでの練習の落とし穴です。
この寒い冬の季節の中、バイクで行ってきました。練習会。。名古屋まで。。。

周りでは風邪やインフルエンザの話をよく耳にしますがそんなのどこ吹く風。元気な自分に感謝!そしてピアノ熱は継続中!!

朝9時に出発して到着はお昼の12時10分頃。所用時間は3時間と10分でした(渋滞なし)

少しあたりで時間調整をして現場へ到着。そしてしばらく店舗前で待っているとfishnutsさんが到着。こちらもバイクで来られました。顔はチラっとビデオ映像で知っていましたが思っていたより若い!おっさん度まだなし(笑)

fishnutsさんてこんな人(もち写真掲載の承諾あり)
20070218203340.jpg


ノクターン15番を4月の発表会で弾かれるとのことでしっとりとした演奏はさすがに素晴らしい。
彼も自転車やバイクが好きらしくて自分と共通点が多いなと感じる。これから仲良くさせてもらいます。さらに所属のピアノサークルにも参加させてくれるみたいでお世話になっちゃいます。

もうひと方~

fishnutsさんのお友達でISHIchanと初対面。

4月の発表会ではピアノソナタ第23番 (ベートーヴェン) 「熱情」を演奏されるそうで激しい感情をうまく表現されていました。すごいです。

ISHIchanさんてこんな方(写真掲載を快諾)
07-02-18_13-371.jpg


HP(ブログ)を最近になって始められたそうで→こちら(このリンク欄にもあり)「お気軽にコメントしてください」とのことです。

おふたり様~ピアノで繋がるお付き合い~これからもどうぞよろしくでございます。

最後にわたくしの写真

20070218210916.jpg


このピアノ弾きやすかったです(スタンウェイのフルコン)でも~やはりピアノに慣れるまでに時間を要しました。いきなり曲を弾くなんて無茶だったかも(ウォーミングアップの何かが必要と感じました)

帰りは15時前に名古屋を出て帰着は18時10分でした(あっ、やはり所用時間3時間10分だった)

ちなみにバイクの燃費は1ℓ31kmでした(すごいでしょ→自慢)後ほど燃費レポも別ページでUPするつもりです。総走行距離322km。

明日(日曜日)はfishnutsさんとそのお友達ISHIchanとでスタジオ練習会です。

前日に連絡を取り合って急遽決定しました。お気軽感がGoodです。

そのスタジオにはスタインウェイフルコンサートピアノ(D型)があるとの事でどんなピアノか楽しみです。

名古屋まで片道3~4時間でしょうか。ゆっくり旅気分も味わいながら行って参ります。

fishnutsさんのワルツ7番は特に秀逸ですから→こちら
たくさん教えてもらいます。

明日の夜には練習会レポをUPしたいと思います。
プレ王で仲良くさせてもらってる小2男子のYujiくん。

演奏がUPされたので是非皆さん聴いて下さい。素晴らしいですよ。

何が素晴らしいか。

●楽しいショパンのワルツなんです。ワルツしてます。聴いていてとても心地よいです。

おそらく

先生からの教えを素直に受け入れるんでしょうね(頭の柔らかいこの時期)そしてどんどん吸収しちゃってるのでしょう。素直が大事(そうありたいw)

このワルツ。学びます。。

『ショパン ワルツ10番 Op.69-2』
今日もスタジオへ行って録音したんです~(1時間¥525アップライト)

http://db1.voiceblog.jp/data/tadashi819/1246231461.mp3

★反省点★

■Piu lent と Piu mosso のテンポを差をもう少しつけたほうがいいみたいです
■8分音符のぎこちなさはまだまだ感じる(脱力出来ていない)
■全体に焦った印象
■メリハリがない(piu mossoのテンポをあと♪10上げたいところです・泣)

少~~しは前回より良くなってますが停滞です(壁)

頭脳から発せられた信号は指の筋肉へ向かってもっとなめらかに~速く動かせよと命令する。

これが限界ではないと信じたい。

もう少し~頑張ってみます。

※2009.6追記~

改めて聞いてみての自己分析。

音楽の流れってものがちぐはぐ。テンポが一定していない。ピウモッソは速くしなくてもいい。ワルツのリズム感をもっと押し出せばいいのではないか。たどり着く先は結局心地いい音楽であると。
冷えてます。乾燥もしてます。ゴホンゴホンしませぬように。注意!

~♪~♪~♪~

引き続き【Piu mosso】でございます。

ただ・・・・8分音符の羅列のみ~だけど難しい。

どこがどう難しか、どう弾きたいか、どうすればよいか。自分なりに考えていきます。

【こう弾きたい】

8分音符を均等にしたい のです

イメージを楽譜にするとこんな感じ

gakuhu.gif

音の強さ・長さ・大きさ・圧力・・などなどすべて

しかし

親指から小指があって黒鍵と白鍵の違いもあってすべて同じ様に音を出す事は難しい。
特に4番5番(薬指と小指)は思うように動きません。

ここで弱い4と5を意識しすぎて力が入ると【どつぼ】になりそう。悪い癖が付いてしまいそう(そう>そう思うだけです。笑。勝手に言ってます)


【ここが弱い】

弾き込みを重ねるといつもつまづく箇所のデータが蓄積されていきます。赤丸印のここ↓

gakuhu2].gif


やはり薬指と小指は弱いです。

【どうすればよいか】

弱かったら集中的にそこだけ練習してみます。例えば4小節目だけをピックアップして
こんなの作ってやったりgakuhu3.gif

こんなのどうでしょgakuhu4.gif


あと付点をつけたりして。
バリエーションをあれやこれや考えながら弾いていたら結構練習になりました('ω'*)あは♪

最後に今日の一枚の写真~
図書館で借りたCDと楽譜(2回分)
大阪市立中央図書館にあります。お近くの方はどうぞ。
11.jpg

これで最後にします(笑)
内田光子と言えば~モーツァルト。。らしい。
http://www.youtube.com/watch?v=Mv-h7p83k-0
ピアノで歌ってますよ。これはいい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。