上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060429134920.jpg

お手軽なブログ更新ネタは録音公開ということで

「すなおな心」最初の8小節 のみ でございます。




途中ウグイスの鳴き声も入っております。たまたまですが半分狙っておりました(笑)
窓を開けて鳴かないかな~と

加羽沢さんを見つめながら弾きましたw(写真参照)

この楽譜(2冊)図書館にあったんですよ~。やってくれます。
その図書館はピアノの楽譜がずら~っとたくさん並んでおるのです。

そちらの図書館レポートも近々したいと思います。
スポンサーサイト
20060423233854.jpg

レンタルCD屋さんでたまたま出会ったこのピアニスト。

加羽沢美濃(かばさわ みの)

名前はなんとなく聞いたことあるような・・・そんな感じでした。

CDを聴いて・・・惚れちゃいました。個性的な音(表現)で好きです。

わざわざ大阪のYAMAHA心斎橋店まで行って楽譜買ってきました。

20060424174334.jpg


1995円なり。お金出してピアノの楽譜を買うなんてまだまだ数少ない出来事です。

最初に行った行きつけの島村楽器奈良店にはこの楽譜がありませんでしたので仕方なく大阪まで足を運んだのでした。

ちなみに島村楽器奈良店にはスタンウェイのピアノが置いてあります。値札が付いていて950万円と書かれていました。記念モデルだそうです。
昨日初めて弾かせてもらいました(2~3分ほど)

いいんでしょう~たしかにいいんでしょう~~うんうん。

戦メリを遠慮がちに弾いちゃいました(度胸なしだなぁ~もう!)もっとフォルテで弾けばよかった・・

店内のお客さんの注目を浴びた感触・・ガクガク

環境が違うと弾けないもんですね

帰り道に大阪湾に沈む夕日を撮って家路に着きました。


VFSH0183.jpg

スタジオで録った音聴いてください。

機械を使ってわざと色をつけてます(エフェクトをかけている)

プレイヤーズ王国では 素っぴん の音でUPしようと思っています(それだと生ピアノの雰囲気がもっとでますがアラも目立ちます)

プレ王の公開まではまだ数日あるので時間があればもう一回録音してやろうなんて思っています。

そういうとこ未練がましいです。性格出てます。(_ _|||)

クリックしてください
     ↓

  聴いてみる
日曜にとったタケノコの “掘る” から “食する” までのレポートをします

20060419003341.jpg


その アップ と 堀上げたところです。根っこも付いてます↓

20060419003901.jpg 20060419004258.jpg


切ってわさびしょう油で食べてみました → 最初の一口は大変おいしかったです。しかし、それ以上はもうだめです。時間が経つと独特のエグさが出てきます。

20060419010617.jpg

20060421085903.jpg



ネットで検索するとタケノコの刺身は掘ってから1~2時間が勝負であると書いてありました。なるほど~それは身をもって体験しましたが1時間どころではないです。30分が限度であるとご報告させてもらいます。
生で食べなくてもボイルするとそのエグさはとれますのでおいしくいただけます。
旬の味 ~たけのこのお刺身~ 一件落着です。ごちそうさまでした。
今日の夜9時からTBSでこの映画が放映されるみたいです。 

「いま、会いにゆきます」 

                s-imai2.jpg

 見ましたけどなかなか よい ですよ。

曲はやりかけたんですが途中断念して放置状態です。

左手のアルペジオの練習になるかと一部分だけ繰り返し弾いていました。

クリックすると音が聴けます(リンクへ飛びます)

            聴いてみる
       
    
2006.04.15 たけのこのこ
20060415102002.jpg

たけのこを発見しました。
今年は少し早いような、そしてすでに数個発見しましたので豊作の予感が・・

ここ数日雨が多かったり寒かったりでパッとしませんね~

時間ばかりが過ぎていく感~

明日は「エリーゼのために」を録音するためにグランドピアノを弾きに行きたいと思っています(レンタルスタジオで)

ここらで区切りつけないと前へ進みません。
20060410171148.jpg

昨日は自転車で奈良県の飛鳥地域まで自転車で旅してきました。
このあたりは歴史の教科書に出てきそうな有名な遺跡が点在しています。いくつか挙げてみますと高松塚古墳・石舞台古墳・キトラ古墳・橘寺・岡寺・山田寺などでしょうか。
上の写真は石舞台古墳を撮った写真です。右中央の大きな石の物体がそれです。なんとも地味なただの大きな石ですが大昔から現在までずっとこの場所にこの石が存在してきたことを考えると古代のロマンを感じます。それが歴史を楽しむ醍醐味ですね。
20060410171124.jpg

2枚目はこの周辺地域で1番好きな場所で撮ってみました。
う~~んどうでしょう。良くある里山の風景っぽいですがそれとはまたひと味違ってなんとなくいいんですけど伝わるでしょうか・・・実際はもっと奥行きがあって広がりがあるんです。
その場に立ってみると時間が止まったような感覚を味わうことができます。
是非訪れてみてください。いい所ですよ。

旅行時間は5時間。走行距離77kmでした。
すすむはんにこのブログで紹介したことをお伝えしたところメッセージが返ってきました。
「本番を終えて今帰りました」という出だしで
「かなりうれしく驚いております」という返事を頂きました。
よかったです。
実は事前に了解を得ずに公開してしまったのでもしかしたら“気分を害されるのではないか”と心配しておりました。

その中でまたまた息子さんの情報がありまして先日の音楽コンクールで3位になったそうです。今度は大人や大学生98名の中での3位ということでこれはすごいみたいです。

こちらのサイトでそのコンクールの詳細が見れます。英文ですけど(-_-)

息子さんについて追記があってこんなこと言っておられます、以下そのまま引用します

かれはいまとても伸び盛りで、親の僕が言うのも変ですが、才能という面では僕はかないません。
僕が8時間練習していた16歳ごろ、かれは3分の1しかやりません。ですからぼくにはそれが許せません。


ということが書かれていました。8時間というのはさすが世界が違います。プロのピアニストになるぐらいの人はそれぐらい練習して当然なんですね。
物事を極めるということは大変なんだなと思いました。

今日は明日香(飛鳥)まで自転車でツーリングしてきました。そのレポートは明日にまわしたいと思います。
今日はプレイヤーズ王国でお友達になったコンサートピアニストの“すすむはん”を紹介します。最初はプロの方だとは知らずにお話ししていましたがだんだんと彼のとりまく環境が明らかになってきてそのすごさに感動しています。なにせ公開されている演奏が一級品ですからその実力は証明されています。中でもショパンのバラード1番はぞくぞくするほどの感動を覚えますよ。是非聴いてみてください。
ID106168.jpg

最近では息子さん(16才)がコンクールで1位になられたそうで(上の写真↑)そちらの演奏もプレ王で聴くことができます。オーケストラをバックにチェロを弾いてらっしゃいます。これまた素晴らしい演奏です。コンサートホールで収録されていて観客のわれんばかりの盛大な拍手が物語っています。

皆さんもプレ王を通じてお友達になってみてください。ピアノのこと(基礎から表現まで)に関してほんと親切丁寧に教えてくれますよ。自分は初期の頃、「指のONの力とOFFの力を意識して練習しましょう」ということを教わりました。気軽にコンタクトがとれます。全然敷居の高い人ではありません。気さくな方です。

こちらが“すすむはん”のページです。
2006.04.04 雪柳
20060404085740.jpg

たまには花でも
今日のポカポカ陽気ででこちら(奈良)の桜は一気に花開くでしょう


引き続き戦メリを録音しましたので聴いてください。
曲の中で一番盛り上る所です。
正直~
自分が弾いている時に自分の音を聞いて涙が出るくらい感動して入り込んじゃいます。時間を忘れて指がジワ~となるくらい弾いちゃいます。
内からこみ上げてくる魂の叫びを“鍵盤を叩くという行為”で表現することがたまらなく楽しくて気持ちいいです。
そしてもっともっと弾きたいという欲求が沸いてきます。
こういう感覚はみなさん経験されてるんでしょうね
ピアノから離れられなくなりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。