上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼図書館で借りて読んでみた。

ピアノスタイル 【ピアノがうまくなる理由 ヘタな理由 】(CD付き)村上 隆 (著)  リットーミュージック


なんとも食指を動かされるタイトルですな。

IMG_0160_convert_20120412094616.jpg

本書では<症状>→<原因>→<対策>という流れで、1つ1つの問題を丁寧に解決に導きます。また、実際の曲に当てはめた練習方法も紹介。「うまく弾きたい!」という情熱を持つ人を応援し、がっちりサポートします~広告コピーより~

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 (1日にどのくらい練習したら良いですか?/素早く暗譜する方法はありますか?/効率の良いウォーミング・アップ方法はありますか?)/プレイ・フォーム編(早く上達したいが、何をどう進めれば良いかわからない/肩胛骨が痛くなる ほか)/テクニック編(トリルの粒が揃わないー『喜びの島』を使った練習フレーズ紹介/スケールがキレイに流れないー『非愴(第3楽章)』を使った練習フレーズ紹介 ほか)/番外編(本番の異常な緊張を抑える方法はありますか?/本番中に集中力を途切れさせない、良い方法はありますか?/今からでも手を大きく、指を長くできますか? ほか)

感想~弾けない理由を徹底解剖→具体的解消方法を分かりやすく紹介してます。結構硬めの内容で中級者から上級者向きとみました。
スポンサーサイト
  
前々回の記事でお伝えした“ホールでピアノ”のイベントに行っきたんですがそこで思いがけない体験をしました。それは、

【新聞記者から取材を受ける】ことでした。そして次の日の朝刊の地方版に写真付きで載ったのです。それがこれです↓


20071005123845.jpg


別にわたくし目当の取材ではございませんで、たまたま居合わせたのが僕だったということだけです。

それにしてもよい記念になったということで喜んでます。弾いてる写真も手の形やら姿勢がそれなりに良かったのでホッとしてます。

あと思うことで、

取材は5分ぐらいで簡単なものでしたが住所と職業と年齢と名前を聞かれたんですね。そしてそのまま記事にもしっかり載ってるのには『あぁ、そういうものなんだな』と実感しました。そうなんです、新聞の記事は真実を伝える責任と重みがあってそこに登場する人物も責任を果たさないといけないんだなと感じました。逆に悪いことをして記事に登場しても当然名前等が公表されてしまうということです。

憲法にある『表現の自由』の一端を肌で感じた体験でした。
昨日は発表会でした
たけさん企画の『お父さんたち&お兄さんたちのピアノコンサート』は大盛況のうちに終わりました。このたけさん、30代からピアノを始められて今回はショパンのバラード3番を演奏されました。センスある演奏はすごいです。手から手首にかけてのしなやかな動きは見習いたいと思いました。またピアノサークルの人脈をたくさんお持ちでこれからもこういった企画を立ち上げていくおつもりだそうです。こんな素晴らしい方とお近づきになれて光栄です~ありがたや~~

以下動画と写真。こんな雰囲気でした。動画は再生ボタンをクリックで始まります(数回クリックしてください)

演奏後はインタビューされちゃいます。売り場にイスを並べてこれがステージ(30人ぐらいの観客)
@Image037.jpg   @Image040.jpg

プログラムです。こういのも僕の知らないところで作った人がいる訳でご苦労様ですと。ありがとうございます。
@Image038.jpg


やはり実際に人の演奏を見させていただくと勉強になるしもっと頑張ろうという意欲が生まれます。もっと上手くなって披露したいと思いますよ。いいことです。緊張せずに弾けるようになるにはどうしたらいいかと考えますし(チャレンジ!)
皆様お疲れ様でした
次の日曜日【6月17日】はこの企画に参加します。

『父の日ピアノコンサート』 ~弾いた後はビールがうまいぜ~


場所と時間はこちら

八尾西武百貨店 5階紳士服売り場&ロフト 祝祭広場

pm2時ー5時頃

地図→https://www2.seibu.co.jp/wsc-customer-app/page/064/dynamic/normal/Normal?view=map

オフ会などでの人前演奏は数回経験していましたがプログラム形式の発表会はこれが初。
先週の土曜日に行ってきました。場所は梅田にある「サロン・ドゥ・アヴェンヌ」

2ヶ月ほど前にこのブログを見つけていただいた「たけちゃん」さんからお誘いを受けて参加することとなりました。
ネット(ブログ・mixi)のお付き合いから現実のお付き合いへと発展する素晴らしさを実感するとともに、つくづく人に恵まれているな~と思うのでありました。いい方向に向かってます。はいっ!『ブラボーピアノ』

曲目は『エリーゼのために』

う~ん、自分としてはノーミスでいけるかなとわずかな期待を持っていましたがいざライトに照らされる鍵盤を見るとやはり緊張感出ちゃいましたね。
後でこれ↓を見ると“テンポ速いな”と、“音楽に没頭出来ていないな”と感じます。反省。



映像は同行のfishnutsクンに撮っていただき編集→YouTube投稿作業すべてやってもらいました。感謝。。フルバージョンもあり(期間限定にします)



@07-05-19_22-521.jpg


あと、ブログ等でおみかけしていたtendshさんやかおるさんにお会いできて交流できたことも収穫でした。かおるさんとは名古屋での練習会の約束を取り付けたと確信しております。実現できる日を楽しみにお待ち申し上げております(僕も遠征の立場ですけど・笑)

さらに今回初めてお会いして「ブログ見ましたよ」と声をかけてくれた方もいて感激でした。どんどん輪が広がって楽しいです。
再び『ブラボーピアノ』締めっ!

追記、

fishnutsクンの演奏をお聴きください。

20070503005336.jpg


前回の記事の続き~発表会の写真と録音が出来上がりましたので紹介します。
もちろん掲載の承諾を得ておりますよ。

ちなみにパパはプレ王でこんな素晴らしい歌声を披露していますよ(ママもあり)
とても素敵なファミリーです。お付き合いできて光栄でございます。
プレ王へ飛びます→papapyとすみれさんとのコラボ
ママもあります。こちらは探してください(笑)

さて主役の『ナナぴー』は小学3年生。動物が大好きで今はとかげを飼っているらしい。
とても元気で明るい女の子です。

そんな彼女が今回発表会で弾いた曲目はこちら、聴いてください。

『幻想即興曲・ショパン』←クリックで始まります。


そうそう、僕の発表会、来年の5月にひとつ決まりました。やった~お世話になります。ありがとうございます。
2007.04.10 発表会への道
先日の日曜日は名古屋までお出かけ。ISHI-chanとfishくんが出演するピアノ発表会へ行ってきました。
交通手段は電車(JR)。もちろん新幹線や特急には乗りませんて。お得意の18きっぷです

奈良→亀山→名古屋(関西本線)ルート。車窓から見る桜が良かった~

さてさて、
発表会のスタートはAM10:00。意外に早いなと思いましたがこれはこれでよい時間設定でした。朝の始動する雰囲気ですがすがしく聴くことができました。その後もたっぷりと一日過ごせましたし。

発表会の模様はこんな感じでございます。晴れの舞台ですね。トリを勤めるISHI-chanとトリ2のfishくんてことでやっぱり実力を持ち合わせているおふたりです。随所に見せる(聴かせる)珠玉の響きはお見事でしたよ。録音したしな~おまかせの抜粋バージョンいっとこかな?

@ISHI-chan.jpg  @fishnuts.jpg


発表会が終わって次は名古屋城へ。桜が見事でしたよ。『尾張名古屋は城で持つ』
矢場町から名古屋城まで歩きました(1時間)普通地下鉄乗りますよね(笑)やっぱり我々はぶらぶらのんびり派だ            nagoya.jpg
                            
                 nagoya1.jpg


そしてまだありますよ~次は
もりぴーのお友達であるえみさん宅のピアノを弾きに行こう!ということで足を運びます。そこはお店兼スタジオといった感じでお部屋の中にディアパソンのグランドピアノとアップライトピアノが2台置いてあります。

当初は僕と連れの2人で1時間だけの予定だったのですが発表会を終えた面々も急遽集まって合流。ぶこファミリーも含めると総勢9名でしたね。

20070410145744.jpg


発表会を終えたふたりはすでに来年の発表曲を決めた模様。(終える少し前から決めていたとも伺える)
そこがすごいというか素晴らしい。一仕事終えた後は脱力感があると思いきや全く逆で来年こそはとのリベンジの気持ちが大きいみたい。
なるほど~これぞピアノ=熱情=ピアノに対するわくわくする気持ち。側で聴いていてひしひしと伝わる。いいな~

『好きこそものの上手なれ』上手い人はやはりそれなりの理由がある。
まずはこちらの写真から

s-Img_1450.jpg


ドライブの途中で偶然見つけた一面の菜の花畑(琵琶湖近く)

07-03-03_09-19.jpg


そして、また18きっぷの季節がやってきました。今回は特別価格5回分8000円でございます。
やってくれるよ~JR。

早速、明日の練習会行き(浜松)で使用します。

乗り換え案内結果
大阪 7:17発 - 浜松 11:19着

乗り換え回数:2回
所要時間:4時間02分

●大阪
|  7:17発
|    JR東海道本線(新快速) 近江塩津行 1時間21分
|  8:38着
○米原
|  8:43発
|    JR東海道本線(特別快速) 豊橋行 1時間51分
|  10:34着
○豊橋
|  10:46発
|    JR東海道本線(普通) 浜松行 33分
|  11:19着
■浜松

明日、大阪駅8番線ホームに集合!!ご負担額1600円で【浜松⇔大阪】の往復ができます。(きっぷを持っている人と同行すれば一回分使えます)もちろん日帰りですよ。帰りは午後10時を予定しています。


今回は無理でも次回は是非!ご一緒しましょう。

~連絡~連弾曲は【愛の夢】旋律のみです~誰か相手して~~

最後に図書館で借りたCDと楽譜

07-03-03_09-18.jpg


目玉は近藤さんの4大ベトソナ集。【悲愴】【月光】【熱情】【告別】

2つ年上と判明。前から思いますが素直で優等生の演奏ですね(感想)

すべて大阪市立中央図書館にあります。お近くの方はどうぞ。
先日の名古屋での練習会の音源をUPします。
代表していしちゃんの

ベートーベンソナタ23番『熱情』        

s-07-02-18_13-36.jpg

ダイナミックでかつ繊細さもある素晴らしい演奏。
ベートーベンソナタの魅力満載です。

おふたりの演奏と自分の録音ファイルを聞き比べて決定的な違いにハッと気付き愕然としました。
それは、

自分の演奏には音にしっかり感がありません。だらだらとしたしまりのない演奏。ダイナミックレンジが小さい(音量の大小の差)のです。
つまり、打鍵できていないことに気付きました。

なよなよ感~~~やですね~~今回は恥ずかしくて音源UPなし!

そうなんです~やっと気付きました。そして思いました。

ピアノはもっと弾いていいんだと。しっかり弾くものだと。

荒っぽくなるのを恐れていた面が強く鍵盤をなぞるような弾き方をしていました。優しいタッチはしっかりした打鍵という土台があってからこそできるのであってそれができないままの見よう見まねの状態ではスケールの小さい演奏にとどまってしまう。

これがピアノの基礎ってやつですか?聞いちゃったりして(笑

おふたりの演奏をじかに聞いて考えさせられました。やはり間近で見て聞かさせてもらうと大いに勉強になります。いい経験しましたよ~(感慨深げ)わたくしも古典を取り組んでみようかと、どんな曲がいいですかね。今回の練習会で得た収穫。めちゃ大大でした。後になってじわじわ


あと電子ピアノでの練習について思います。
電子ピアノは鍵盤をなぞるようにしても音が出ちゃいます。

打鍵するダウンスピードが遅くても電子的接点に触れれば音は鳴りますしかし

ピアノはなよっと鍵盤を押し込むだけでは音は鳴ってくれません。瞬発力(スピード)がないと音は出ません。つまり叩くイメージが必要なのです。

その大きな違い。電子ピアノでの練習の落とし穴です。
この寒い冬の季節の中、バイクで行ってきました。練習会。。名古屋まで。。。

周りでは風邪やインフルエンザの話をよく耳にしますがそんなのどこ吹く風。元気な自分に感謝!そしてピアノ熱は継続中!!

朝9時に出発して到着はお昼の12時10分頃。所用時間は3時間と10分でした(渋滞なし)

少しあたりで時間調整をして現場へ到着。そしてしばらく店舗前で待っているとfishnutsさんが到着。こちらもバイクで来られました。顔はチラっとビデオ映像で知っていましたが思っていたより若い!おっさん度まだなし(笑)

fishnutsさんてこんな人(もち写真掲載の承諾あり)
20070218203340.jpg


ノクターン15番を4月の発表会で弾かれるとのことでしっとりとした演奏はさすがに素晴らしい。
彼も自転車やバイクが好きらしくて自分と共通点が多いなと感じる。これから仲良くさせてもらいます。さらに所属のピアノサークルにも参加させてくれるみたいでお世話になっちゃいます。

もうひと方~

fishnutsさんのお友達でISHIchanと初対面。

4月の発表会ではピアノソナタ第23番 (ベートーヴェン) 「熱情」を演奏されるそうで激しい感情をうまく表現されていました。すごいです。

ISHIchanさんてこんな方(写真掲載を快諾)
07-02-18_13-371.jpg


HP(ブログ)を最近になって始められたそうで→こちら(このリンク欄にもあり)「お気軽にコメントしてください」とのことです。

おふたり様~ピアノで繋がるお付き合い~これからもどうぞよろしくでございます。

最後にわたくしの写真

20070218210916.jpg


このピアノ弾きやすかったです(スタンウェイのフルコン)でも~やはりピアノに慣れるまでに時間を要しました。いきなり曲を弾くなんて無茶だったかも(ウォーミングアップの何かが必要と感じました)

帰りは15時前に名古屋を出て帰着は18時10分でした(あっ、やはり所用時間3時間10分だった)

ちなみにバイクの燃費は1ℓ31kmでした(すごいでしょ→自慢)後ほど燃費レポも別ページでUPするつもりです。総走行距離322km。

明日(日曜日)はfishnutsさんとそのお友達ISHIchanとでスタジオ練習会です。

前日に連絡を取り合って急遽決定しました。お気軽感がGoodです。

そのスタジオにはスタインウェイフルコンサートピアノ(D型)があるとの事でどんなピアノか楽しみです。

名古屋まで片道3~4時間でしょうか。ゆっくり旅気分も味わいながら行って参ります。

fishnutsさんのワルツ7番は特に秀逸ですから→こちら
たくさん教えてもらいます。

明日の夜には練習会レポをUPしたいと思います。
今回は練習中の曲を紹介します。2曲。
ちなみに最後にまた動画ございます(お調子者のイメージですかね)

1曲目は

『comptine d'un autre été』フランス語らしい

日本語タイトルでは『ある午後のかぞえ詩』として出ています。

映画『アメリ』の中で使われていた曲です。

アメリアメリ
サントラ

東芝EMI 2001-10-24
売り上げランキング : 23917

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この曲を知ったのはyoutubeのサイトでした。
動画を見て弾いてみたいと思いました。

その動画とは" target="_blank">こちら

楽譜を探しましたがなかなか見つかりませんでした(お得意の図書館検索でもなし。横浜にあるみたいですが)

しかしサンプルということで1部分ですがここでgetしました

あとは耳コピーで対応できそうです。演奏している映像もたくさん公開されていますから。youtubeの検索で【Comptine d'un autre été 】 と検索するとたくさん出てきます
 
左手は4小節のパターンの繰り返しです。右手もオクターブ違いの繰り返しです。記憶に残るいい曲でありながら簡単です。できそうです。


2曲目は

『別れの曲』ETUDE,Op.10,No.3/F.Chopin

ちょっと待った~(叫)

原曲ではございません。西村由紀江アレンジの簡単バージョンです。
副題は『101回目のプロポーズ』 です。懐かしいですね。「僕は死にましぇン」

これもプレ王で公開されている方の演奏を聴いて弾いてみたくなりましたこの方

この楽譜は図書館にありました。詳しく
ピアノソロ 中級 TVドラマサウンドトラックBESTピアノソロ 中級 TVドラマサウンドトラックBEST

ヤマハミュージックメディア 2003-11-11
売り上げランキング : 232418

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この先続きのページに練習風景の動画がございます。再生までしばらくお待ちください(自動再生)

『村の居酒屋での踊り』(メフィストワルツ第1番/リスト)

なんともユニークなタイトルですが漫画『のだめカンタービレ』で登場するなどして脚光を浴びている人気の曲?らしい・・・
また、ピアノリサイタルでは定番の曲らしい?・・・ですね。

ご存知でした?僕は知りませんでした。最近まで。彼女の演奏を聴くまでは。

彼女とはプレイヤーズ王国で見つけた15歳のピアノプレイヤー<ぴーなつ♪ >さんです。

す~んごくお上手なので聴いてください。

お母様の手ほどきを受けて小1から始めたそうです。

 ■演奏を聴いて思ったのはしっかりとした土台が備わっているな~ということ。
 ■基礎の積み重ねをちゃんとしてきたんだろうな~ということ。

教育と環境が良ければこうなる!という実例でしょうか

こちらで聴けます↓

★『村の居酒屋での踊り』

★『バラード1番/ショパン』

★『エチュードOp10-4/ショパン』




※紹介するにあたってご本人様の承諾を得ています。


ついでに僕の戦場とメリークリスマスもよろしければどうぞ(やっとUPできました)

こちら




 

前回のブログ更新から15日も経ちました。早すぎませんか?過ぎるのが~っっ(転げ落ちる30代を疾走中) まぁ日々楽しく過ごそうと心がける毎日でございます。

そして今回は(も)

s-20060910.jpg 図書館で借りてきた資料を紹介します。
 CD4枚と本が4冊。制限の8点、いっぱいでございます。
 ブログ友の記事の中でよくお見かけする いけめんピアニスト   の近藤嘉宏さんのCDもgetしました。年齢は僕と2歳しか違いません(それがどうした)



 
本の中からはこの一冊を紹介

「ピアノ力」をつける!―これなら弾ける、かならず続く「ピアノ力」をつける!―これなら弾ける、かならず続く
角 聖子

音楽之友社 2005-03
売り上げランキング : 175803

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


角 聖子著   これなら弾ける、かならず続く 道半ばでくじけているお父さんへ。長続きしないお母さんへ。もう悩まない、大人のピアノカンタン学習術

大人のピアノについての問題点をわかりやすく丁寧に説明してくれています。 
どうしてピアノを挫折してしまうかという理由については 
 
「ピアノが弾ける事」に対する勘違いだそうです。

●プロのピアニストはテクニックがすごいから人を感動させることができる
  ↓
●私もあんなふうになりたい
  ↓
●猛練習
  ↓
● 壁
  ↓
●虚しさ
  ↓
●挫折  

というパターンで辞めてしまうことが多いとのことです。言い換えれば、猛練習すればCDで流れてくるような名演奏ができる様になるという勘違いでしょうか。こういう高望みが原因ですと言ってます(直接は書いてらっしゃいませんけど)
そりゃそうですよね。プロのピアニストはほんの一握りです。できっこない事は多々あります。そういうテクニックよりももっと違う方法でピアノは楽しむ事ができるとも言っています。
そうですか・・
最後まで読んでみて印象に残る記述があればここで紹介したいと思います。

久しぶりに(2ヶ月ぶり)スタジオのグランドピアノを弾いてきました。やっぱりはいい~ホント
お家で眠っているピアノがあったら弾かせてよ~~どなたか。。

こちら花の歌


1週間ほど前から手の痛みを覚えてそれがなかなか取れなくて悩んでいます。
このあたり↓

VFSH0527.jpg

朝起きてみると痛みと違和感があります。
時間が経つとそれほど感じなくなるので弾いてしまいます。
そして朝になるとまた感じます。
それの繰り返しになってます。

原因は分かってるんです。

ワルツのピウモッソのやりすぎなんです。

それからです。

同じ箇所を何度も弾くと手を傷めますね。


ここはじっくり時間をかけて治した方がいいみたいです。

全く弾かないようにします。(といってもつい欲求で弾いてしまうので右手をテープか紐でぐるぐる巻きにするぐらいの気持ちでないとダメかも)

1週間続いているからその倍の2週間ほどでしょうか。

諸先輩方のアドバイスを承りたい所存でございます。

これでピアノの興味が無くなってしまってやめてしまう様な事になると思うと怖くて悲しいです。

ですからちゃんと治します。

しばしお休み(右手だけ)

左手もほどほどに。

右手のメロディーは声に出して歌うことにします。






 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。